マスターカードの概要とメリットについて

マスターカードは、クレジットカードの世界的なブランドであり、1966年に発足したアメリカの企業が発行しているカードになります。現在では、直接カードは発行しておらず、世界中のカード会社と提携することで、それらのカード会社が発行するかたちをとっています。このマスターカードには、様々なメリットがあります。まず、世界中の多くのお店で決済に利用できるということがあります。

マスターカードと提携しているカード会社は世界各国にあり、世界中で発行されています。それに伴い、それにより決済できるお店なども世界中にあります。その為、海外旅行などに行った際には、現金を持ち歩くことなく、このクレジットカードを持っているのみで支払いが可能な場合も多くなっています。特に、ヨーロッパやオセアニア地域で強いカードとなっています。

また、マスターカードを持っていることで、世界中のATMで直接現地の通過でキャッシングできるというメリットもあります。海外旅行などの場合に、急な出費が発生し、現金で使用したい場合には特に便利になっています。現地通貨に交換する手数料より、クレジットカードでキャッシングする方が、手数料が安く済む場合が多く、世界中で利用できるこのクレジットカードでは、そのような場合に特にメリットがあります。また、このカードでは、海外での携帯電話レンタルなどのサービスを行っており、ゴールドカードなどランクによりますが、通信料の割引サービスなども受けることができます。

クレジットカードは簡単に買い物ができるのでおすすめ

クレジットカードは持っていると買い物がとても便利になります。現在ではカードを所持している人の割合がとても多くなってきています。その理由としては高額な買い物をした時にカードの支払いで済ませる事で分割で商品の代金を支払う事ができるようになっていて、無理なく支払いができるようになっているからです。また多くのクレジットカードには、キャッシュ機能が付いているのでコンビニた金融機関のATMを利用する事でキャッシングサービスを利用する事ができるようになっています。

キャッシュ機能は必要のないと思う方もいると思いますが、大体の場合はカード発行をしてもらう時の申し込みでキャッシュ機能を付けるか付けないのか選択できるようになっているので、必要な場合のみキャッシュ機能を付けると良いと思います。カード会社はたくさんありますが、おすすめのカード会社はVISAや楽天カードがおすすめです。その理由としてはカードを利用して買い物をする事で、ポイントが付与されるからです。

買い物で付与されたポイントは買い物の時の割引ポイントとして使えます。また申し込みをした時の特典として何ポイントか付与してくれるのも魅力的なカード会社となっています。クレジットカードは所持していると非常に便利ですが、使いすぎには気をつける必要があります。

日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯

かつて日本の男子プロゴルフツアーで、「日本プロゴルフマッチプレー選手権」という、日本の男子プロゴルフツアーのメジャータイトルの大会がありました。

メジャータイトルの中でも、唯一のマッチプレーであり、通常の大会のいわゆる4日間のストロークプレーと違い、1対1のトーナメント勝ち上がり方式で4日間の大会が行われるという、異色ですがそれでいて面白みのある大会でした。

その「日本プロゴルフマッチプレー選手権」において、平成7年(1995年)の第21回大会から平成14年(2002年)の第28回大会まで、8年間特別協賛(いわゆる冠スポンサー)を務めたのが、消費者金融プロミスでした。

その8年間は「日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯」という大会名で、大会が行われました。

プロミスが 日本の男子ゴルフのメジャー大会のスポンサーになった目的としては、企業の知名度のさらなる向上と、スポーツイベントのスポンサーになることによっての企 業イメージの向上、さらにゴルフは「紳士のスポーツ」として有名なので、「紳士的」というイメージを企業に与え、従来の「サラ金」のダーティーなイメージ を払拭するのには最適、こういったことなどが考えられます。

平成6年(1994年)の第20回大会から平成15年(2003年)の第29回大会までの10年間は、北海道の苫小牧で「日本プロゴルフマッチプレー選手権」が行われています。

そのうちの8年間の大会はプロミスが特別協賛していましたが、平成15年(2003年)の第29回大会は特別協賛から降り、この第29回大会をもってして「日本プロゴルフマッチプレー選手権」は、最後の大会となってしまいました。

以来、現在まで10年間この大会は復活せずに、いまに至っています。

ブライダルローンの審査は何日かかるのか

誰もが憧れる華やかなドレスに結婚式、ブライダル関連の雑誌を読むだけで女性はワクワクしますよね。でも、結婚式って一体いくらかかるのでしょう。結婚式を挙げたいけど、お金が心配。そんな方のために、ブライダルローンについて紹介したいと思います。 まず、結婚式にかかるお金について。一般的な結婚式の平均費用は300万から350万円です。全額負担するわけではなく、ご祝儀でまかなえる部分もあるので、実際の新郎新婦の負担は平均で100万円ほどのようです。しかし、結婚後の生活の準備や、新婚旅行など、お金はたくさんかかりますよね。独身時代、なかなか貯金が出来なかった、お金はないけど式は挙げたい。そんな方にお勧めしたいのがブライダルローンです。

銀行や式場でもブライダルローンが組めるところがあります。しかし、審査は何日かかるのか、審査が厳しいのではないかと少し不安もありますよね。でも、大丈夫です。よほど高額でない限り、他のローンに比べて審査基準が比較的低めに設定されているのです。ですので、若い方にも利用しやすく、年収や勤続年数が少なくても融資を受けやすいんです。一般的な流れは、金融機関で借り入れが出来るのか、借り入れ可能額はいくらか、毎月の返済額はいくらかを確認してからの審査となります。早いところでは翌日には結果がわかります。またレイクのようにいろんな用途に使えるカードを1枚持っていると何かと便利です。せっかくの結婚式に、後で後悔してしまうのは本当に残念です。気に入ったドレスを着て、ゲストの方にもおいしい料理で楽しんでもらえたらいいですよね。

覚えておいて損なし!キャッシングの基礎知識まとめ

消費者金融プロミスの一面を紹介しましたが、ここからは覚えておいて損のないキャッシングについての基礎知識をまとめてご紹介します。

そもそもキャッシングって何?

まずは、そもそもキャッシングとは何なのか、その正体について詳しく見ていきましょう。キャッシングについての理解を深めるための第一歩となるので、ぜひ目をとおしてみてください。

サラ金から進化した消費者金融

キャッシングとは、消費者金融が取り扱う個人向け小口融資の俗称です。消費者金融は、1980年代あたりまでサラリーマン金融(サラ金)と呼ばれていました。かつての消費者金融は、サラリーマンを主なターゲットとして小口融資を行っていたのです。

現在は消費者全体がターゲット

現在の消費者金融は、その名のとおり消費者全体を営業のターゲットとしています。消費者金融は、サラ金から発展してターゲットの間口を大きく広げた貸金業者だと考えてよいでしょう。そしてキャッシングとは、消費者金融がメインの業務としている現金融資サービスなのです。

キャッシングは信用が担保

企業から現金融資を受ける場合、通常は担保が必要となります。担保とは、借りたお金を返済できなくなった場合の保証として借り手が貸し手に差し出す、動産あるいは不動産を指す言葉です。担保を取ることで、企業は安心して現金を融資できるのです。

ところが、消費者金融のキャッシングでは、動産などの担保を利用者に要求しません。その代わりに、消費者金融では利用者の社会的信用を担保として現金融資を行っています。事前に審査を行い、社会的信用と返済能力を備えた人物だと判断した場合にのみ融資を行っているのです。

信用を失うとどうなるのか

キャッシングで借りたお金を返せなくなると、ほぼすべての金融機関からの信用を失ってしまいます。一度金融機関の信用を失うと、ローンを含む新たな借り入れを行いにくくなるので注意が必要です。

海外で「キャッシング」は通用しない

ここで、キャッシングという名称について触れておきましょう。日本でキャッシングという名称は一般的に使われていますが、海外でこの名称は通用しません。キャッシング(caching)は本来「現金化」という意味なのです。日本でいうキャッシングは、金融業界が普及させた言葉なのだと覚えておきましょう。

英語圏ではCash advance

英語圏では、小口の現金融資をCash advanceなどと呼びます。「現金の前貸し」といった意味だと覚えておくとよいでしょう。ちなみに、大手消費者金融の中には海外でのキャッシングを可能としている業者もありますよ。

借金とキャッシングの違い

ここまで読んでいただいた方の中には、「要するに、キャッシングとは借金のことなんだな」と考える方もいるかもしれませんね。たしかに、キャッシングは借金の一種です。ただ、法的ルールに則って現金融資を行っている点で、キャッシングと単なる借金は違っています。

キャッシングには法的ルールがある
消費者金融は、厳格な法的ルールに則って現金融資を行っています。もしキャッシングに関する法的ルールがなかったなら、貸金業界は無法地帯となっていることでしょう。

2つの基本的な法的ルール

安全にキャッシングを利用するために、利用者も貸金業に関する法的ルールを知っておいたほうが賢明です。貸金業の法的ルールのうち、利用者が覚えておくべき基本的なルールが2つあります。その2つとは、総量規制と利息制限法です。この2つのルールを覚えることで、違法な貸金業者を見抜けるようになります。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業者が個人に対して行う現金融資の上限を取り決めるルールです。このルールにより、消費者金融は利用者の年収の3分の1を超える金額の融資を行なえません。

総量規制は、消費者金融や信販会社などから借り入れている金額の合計を規制する法律です。つまり、仮に1社から年収の3分の1の金額を借りていれば、それ以上の借り入れは行えなくなります。総量規制の対象となる主な借り入れは、以下の3つです。

【総量規制の対象となる借り入れ】

  • 消費者金融での借り入れ
  • 信販会社での借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング機能を使った借り入れ

なお、住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象とはなりません。

利息制限法とは

利息制限法とは、消費者向けの現金融資に対する金利を制限するルールです。利息制限法では、個人に対して現金融資を行う際の年率の上限を以下のとおりに定めています。

【個人向け小口融資の上限金利】

  • 融資額10万円未満の金利は年率20%まで
  • 融資額10万円以上100万円未満の金利は年率18%まで
  • 融資額100万円以上の金利は年率15%まで

上記の利率を超える金利での貸付は違法です。違法な貸付を行う業者では、キャッシングを利用しないようにしましょう。ちなみに、大手消費者金融では最高金利を18%に定めている場合がほとんどです。

キャッシング契約で必要となる書類

キャッシングは手ぶらでは契約できません。契約には最低でも1種類の書類を用意する必要があります。ここでは、キャッシングに必要となる書類について見てみましょう

本人確認の書類は必須

キャッシングの申込時に提出しなければならない書類に、本人確認書類が挙げられます。本人確認書類とは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの住所氏名、生年月日が記載された公的な書類です。

どの消費者金融でキャッシングを契約する場合も、本人確認書類の提出は必須となります。有効期限が切れた書類は無効ですので、提出の際は期限切れに注意しましょう。

外国籍の方が申し込む場合

外国籍の方でも、キャッシングは利用できます。本人確認書類としては、「特別永住者証明証」もしくは「在留カード」が適当です。

場合によって必要となる収入証明書類

キャッシングの申し込み内容によっては、収入証明書類の提出が必要となります。収入証明書類が必要となるケースは、以下のとおりです。

  • 借入希望額が50万円以上である場合。
  • 他社を合わせた借入枠が100万円を超える場合

注意すべきは、「他社を合わせた借入枠が100万円を超える場合」です。複数の消費者金融の借入枠の合計が100万円を超えると、収入証明書類の提出が必要となります。借入額ではなく、借入枠で判断されるという点に注意しましょう。

収入証明書類提出の有無はケースバイケース

上記の条件に当てはまっていない場合でも、収入証明書類の提出を要求される場合があります。収入証明書類提出の有無は、ケースバイケースで判断されるのです。同じ消費者金融でも、審査結果次第で契約に必要な書類が変わるのだと覚えておきましょう。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとよく似た言葉に、「カードローン」があります。個人向けの小口融資の名称として使用される点は、キャッシングもカードローンも同じです。はたして、両者はどのように違っているのでしょうか。

キャッシングは一括返済が基本?

キャッシングとカードローンの相違点として、返済方式の違いが挙げられます。カードローンは、ローンという名前からイメージできるとおり分割返済が基本です。一方、キャッシングは一括返済が基本となっています。

ただ、近年はキャッシングも分割払いが主流となりつつあり、カードローンとの差はほとんど感じられません。近年のキャッシングはリボ払いが可能となっていますし、返済額も都合に応じて設定できます。

同一化するカードローンとキャッシング

近年はキャッシングとカードローンの名称を併用する消費者金融が増えています。初めて消費者金融を利用する方は、名称で混乱してしまうかもしれませんね。「カードローンでキャッシングする」なんて言い方をする場合もあり、名称の意味がわかりにくくなっていることは事実です。

ただ、キャッシングとカードローン、どちらの名称を使っても間違いではありません。カードが発行されないタイプのキャッシングもあるので、カードの有無でキャッシングとカードローンを呼び分けてもよいでしょう。

銀行系カードローンだけは別物

カードローンの名称は、消費者金融だけが使っているわけではありません。銀行も個人向けの小口融資にカードローンの名称を使用しています。ただし、名称は同じでも銀行のカードローンと消費者金融のカードローンとは別物です。

消費者金融のカードローンまたはキャッシングは、貸金業法というルールに則って提供されるサービスです。一方、銀行のカードローンは銀行法に基いて運営されています。使い勝手こそさほど変わりませんが、銀行のカードローンは消費者金融のサービスとは別種のものなのだと覚えておきましょう。

金利を計算する方法

通常、消費者金融からお金を借りている間は、金利に基づいた利息を支払い続けなければなりません。金利は、先ほどご説明した利息制限法の定める範囲内で決定されます。これも先ほど述べたように、ほとんどの大手消費者金融の最大金利は年18%です。

年18%といわれても、利息がどのくらいの金額になるのかピンと来ないかもしれませんね。年18%の金利がどれぐらい支払いに影響するかを知るには、実際に1日分の利息を計算してみることが一番です。

簡単にできる金利の計算

消費者金融から借りたお金に対して1日あたりに発生する利息は、次の計算式で求めることができます。

・借入残高×金利(年率)÷365

たとえば、18%の金利で30万円を借り入れた場合だと、30万×18%÷365で、1日当たりの利息を計算できるのです。実際に計算してみましょう。

・30万×18%÷365=147.94520547・・・

小数点以下に数字が続きますが、消費者金融では小数点以下を切り捨てて計算しますので、1日あたりの利息は147円です。借り入れから20日後に完済する場合は、元金に利息分2,940円をプラスした金額を支払う計算になります。

1ヶ月以上かけて返済する場合

借り入れから1ヶ月以内に完済する場合は、上記の計算方法で利息を算出できます。一方、数ヶ月間かけて返済していく場合は、計算方法が異るので注意しなければなりません。

利息は返済日のたびに計算し直される

消費者金融の利息は、返済日をまたぐたびに計算し直されます。つまり、返済日を超えると、前述の計算式「借入残高×金利(年率)÷365」の、借入残高の部分の数字を変えた上で利息が計算し直されるのです。

たとえば、30万円の借り入れのうち4万円を初月に支払った場合だと、26万円を借入残高として利息が計算し直されます。1日あたりの利息が少額になることは、いうまでもありませんね。

早く返済するほどに利息の支払いが減る

借り入れたお金を早く返済するほどに、最終的に支払う利息は減ります。利息は基本的に日割りで計算されるので、予定を繰り上げて完済すれば、より少ない負担で借金から開放されるというわけです。

とはいえ、無理をしてキャッシングを完済するのも考えものかもしれません。予定を繰り上げての返済は、手持ちの現金とのバランスを考えて行いましょう。

進化を続ける消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは常に進化を続けており、その便利さを増しています。申込方法を都合に合わせて選べたり、借り入れと返済を手軽に行なえたりと、キャッシングは便利に進化しているのです。

多数用意されている申込方法

キャッシングの申込方法はいくつかありますが、以下の3つの方法は特に便利です。

【便利な申込方法】

  • インターネットでの申し込み
  • 電話での申し込み
  • 自動契約機での申し込み

上記の申込方法には、それぞれの利点があります。キャッシングの申し込みを行う際は、利点と自身の都合を考慮して申込方法を選ぶとよいでしょう。

インターネットでの申し込みの利点

一般家庭へのインターネットの普及にともない、消費者金融のキャッシングもインターネットからの申し込みに対応するようになりました。インターネットにアクセスできる環境があればどこでも利用できることが、インターネットでの申し込みの最大の利点です。

近年はスマートフォンを使ってキャッシングを申し込める業者もどんどん出てきていて、おすすめの消費者金融が増えています。本人確認書類などを画像データで送信できるキャッシング専用アプリケーションも開発されているので、書類郵送やFAX送信の手間もかかりません。

電話での申し込みの利点

インターネット申し込みが普及している現在も、電話での申し込みを利用する利点はあります。電話での申し込みは、インターネットよりもスムーズに申し込み作業を進められるのです。

電話でキャッシングを申し込むと、オペレーターとやり取りをしながら契約作業を進めることになります。わからない点についてその場で質問できるので、契約作業に手間取る心配は要りません。

自動契約機での申し込みの利点

自動契約機を使ってキャッシングを申し込むと、その場でカードを受け取ることができます。カードが自宅に郵送されると困る、という方は自動契約機を利用するとよいでしょう。

インターネットでの申し込みと組み合わせて使えるのも、自動契約機の魅力のひとつです。インターネットで契約と審査を終えておけば、自動契約機でスピーディーにカードを受け取ることができます。

借り入れと返済の手軽さ

キャッシングを利用するために、消費者金融のATMを探す必要はありません。現代の消費者金融は、専用のATMを使わなくても借り入れと返済を行えるように配慮しているのです。

ネットで借り入れも返済もできる

ほとんどの大手消費者金融では、インターネットを使った借り入れと返済を可能としています。消費者金融のホームページで操作を行うだけで、自身の銀行口座にお金を振り込んでもらったり、口座から返済分を引き落としてもらったりできるのです。

インターネットでの借り入れを利用すれば、ローンの支払いなどのために口座にお金を補充することも簡単。支払日の前日になって、慌てて金策に走り回る必要もありません。

コンビニATMで手軽にキャッシング

全国のコンビニATMで借り入れと返済を行えることも、消費者金融の便利さのひとつ。手持ちのお金が足りないときなどに、コンビニに立ち寄るだけでキャッシングで資金を調達できるのです。

また、返済もコンビニに行く用事ついでに済ませることができます。コンビニATMなら24時間いつでも使えるので、気軽かつ手軽にキャッシングを利用できますね。

大手と中小消費者金融の違いに注意

ここまでにご紹介した消費者金融の便利なポイントは、すべて大手消費者金融が備えているものになります。あまり名前を耳にすることのない中小規模の消費者金融では、前述のような便利さを備えていない場合がほとんどなので注意が必要です。

中小消費者金融では、申し込み方法を電話または来店のみとしている場合がほとんどです。また、コンビニATMやインターネットでの借り入れ、返済にも対応していません。大手と中小消費者金融では、経営の規模も便利さも大きく違うのだと覚えておいてください。

変わり続けるキャッシングのイメージ

キャッシングに対して消費者が抱くイメージは、時代を追うごとに変化してきました。ここで、キャッシングのイメージについて触れておきたいと思います。

かつて抱かれていたイメージ

先にご説明したとおり、かつて消費者金融はサラ金と呼ばれていました。街金と呼ばれていたこともあります。近年でもたまにサラ金や街金という言葉を見かけますが、意味は同じで消費者金融を指していると考えて間違いありません。

サラ金にせよ街金にせよ、どちらの名称もあまりよいイメージで使われていなかった点は同じです。というのも、かつての消費者金融は、高利貸しというイメージを持たれていたのです。現在に至るまで消費者金融に対して同様のイメージを持ち続けている人も、少なからずいることでしょう。

実際に行われていた高利貸し

サラ金と呼ばれた消費者金融の中には、小口融資に関する法律が整っていないことを利用して、現在よりも高い金利で貸付を行う業者が少なくありませんでした。2010年6月に改正されるまでの法律では、29.2%までの金利で個人に融資を行っても処罰されなかったのです。

当時お金に困ってサラ金を利用した人が、消費者金融に対して高利貸しというイメージを持ち続けるのも無理からぬことでしょう。ただ、現在は改正貸金業法により、20%を超える利率での貸付は禁止されており、高金利で融資を行っていた業者の大半は倒産しています。

現在の消費者金融のイメージ

現在の消費者金融やキャッシングのイメージは、サラ金と呼ばれていたころと比べてずいぶん変わっています。本文で述べてきたとおり、現在のキャッシングは便利に利用できる現金融資サービスとなっており、イメージも昔と違ったものになっているのです。

テレビCMの効果

キャッシングのイメージチェンジに大きく貢献したものがあります。それが、テレビCMです。消費者金融各社は、1990年辺りからテレビCMに力を入れるようになりました。

消費者金融各社が流してきたテレビCMは、ユニークなものばかりです。ダンサー、チワワ、お地蔵さん、宇宙人などのユニークなキャラクターを生み出して、消費者金融はキャッシングのイメージを変えてきたのです。印象深い消費者金融のテレビCMを覚えている方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

有名タレントの起用も一般的に

消費者金融各社は、現在も新しいテレビCMを作り続けています。近年は有名タレントを起用したCMづくりも一般的になっており、キャッシングのイメージはずいぶん明るいものになりました。

消費者金融の名を目にしない日はない

消費者金融の宣伝は、インターネットでも頻繁に見ることができます。動画共有サイトでもCMが頻繁に流されており、消費者金融の名を目にしない日はないほどです。現在の消費者金融は、消費者の日常に完全に溶け込んだ存在だといえるでしょう。

基礎知識の総まとめ

ここまでの記事に目を通していただけたならば、すでにキャッシングの基礎知識が身についていることでしょう。また、キャッシングに対するイメージも少し変わったのではないかと思います。最後に、本文でご紹介したキャッシングの基礎知識を総まとめしておきましょう。

基礎知識一覧

本文の重要な部分を簡潔にまとめると、以下のとおりになります。気になる内容があれば、もう一度本文を読み返してみてください。

【基礎知識総まとめ】

  • 消費者金融はサラ金から進化した貸金業者
  • キャッシングの担保は”社会的信用”
  • キャッシングは法的ルールに則って運営されている
  • 年収の3分の1を超える借り入れはできない
  • キャッシングの金利の上限は20%
  • キャッシングを利用するには身分証などの書類が必要
  • キャッシングとカードローンはほぼ同じ意味
  • 1日分の利息の計算式は「借入残高×金利(年率)÷365」
  • キャッシングで借りたお金は早く返済したほうがお得
  • キャッシングは進化を続けている
  • キャッシングの申し込み方法は多様で便利
  • キャッシングのイメージは昔と違っている

以上の基礎知識を身につけておけば、キャッシングを問題なく利用できるでしょう。

正しい知識を備えてキャッシングを利用しよう

キャッシングについての基礎知識まとめ、いかがだったでしょうか。すでに知っていた知識もあれば、知らなかった意外な知識も見つかったかもしれませんね。ひとついえることは、ここでご紹介した知識は知っていて損のないものばかりだということです。

正しい知識さえ備えておけば、計画性のないキャッシングの利用をせずに済みます。また、正しい知識を身に付けることで、違法な貸金業者の被害に遭うことも防げるでしょう。

違法な貸金業者は、私たちの暮らす社会にまぎれ込んで消費者を餌食にしようと狙っています。しかし、正しいキャッシングの知識を身に着けていれば、違法業者に騙される心配は要りません。

計画性をもって利用することと、違法業者に注意を払うこと。この2点さえ守っておけば、キャッシングは安全に利用できます。本文が、みなさんのキャッシング利用の手引となれば幸いです。

セゾンカードインターナショナル、この一枚で大丈夫という太鼓判

この前、友人から“セゾンカードインターナショナル”という
カードをすすめられたのです。

その友人曰く、「この一枚でいろいろ大丈夫だから!」
ということなのですが…

確かに、気付いたらお財布の中がカードで
いっぱいなんてことはよくあります。

ですから、この一枚で大丈夫なのなら
それに越したことはありませんよね。

友人が勧めてくれた、そのセゾンのカードの特徴を、
とりあえずインターネットで調べてみると…

使い勝手は本当によさそうで、友人の言も
的を射ているということが分かりました。

私が調べた、このカードの特徴を
箇条書きで下にまとめてみますね。

・ショッピングにもキャッシングにも対応可能

永久不滅.comというサイトを経由すると、
買い物ポイントが最大20倍もたまる

・ポイントの有効期限が無い(永久不滅ポイントと言われる)

・西友、リヴィン、サニーでの買い物が、毎月5日と20日は5%オフ

年会費も永久に無料

・日本国内、海外、どちらでも利用可能

だいたいこのような特徴を持つカードのようでした。

特にポイントについては、有効期限が無いことと、
セゾンカードを利用したことで貯まるポイントと
永久不滅.com経由によることで貯まるポイント、

そしてカードを利用したお店独自のポイントが加算されるため、
ポイントが貯まりやすいと好評のようでした。

国内外を問わないのも、キャッシングもショッピングができるのも、
「これ一枚で大丈夫」の理由なのでしょう。

確かに、これがあればほとんどのことは済みそうなので…
私もこれをとりあえず作ってみようかな?と思ったのでした~。

オススメ即日融資できる消費者金融

必要な時にキャッシングができ、世界中どこでもご利用可能なクレジットカードなら、アコムマスターカードが便利です。今までクレジットカードの審査に通りづらかった主婦や学生、そしてパートやアルバイトの人でも作れるクレジットカードです。それでも本当に私でも作れるのかと心配な人には、カード発行が可能かどうかをすぐに診断してくれるオンラインの3秒診断があります。今すぐチェックして最短30分で審査回答が得られる便利さです。アコムマスターカードは、スピード発行サービスが自慢です。急に海外旅行や海外出張に行くことになったりした場合でも、最短即日でクレジットカードを手にすることができます。自動契約機のむじんくんなら、土曜日や日曜日、そして祝日でもすぐに受け取りオッケーのスピーディーな発行が可能です。

忙しくて平日に金融機関の窓口に出向くことができない人でも、年中無休のアコムだからこそ安心してクレジット申請をすることができます。国際ブランドであるマスターカードは、世界中で使える信頼のブランドです。アコムマスターカードは、世界中でのショッピングだけではなく、公共料金の支払いや、ネットの通販の支払いにも便利です。楽々支払いのリボ払いで、手数料もかからずに、計画的な返済が可能です。お近くのコンビニのATMで、いつでも支払いができるので、返済の時間も取られることなく、スムーズな返済ができます。もちろんパソコンやモバイル端末からの各種手続きも可能です。

お金が必要になったと言うときには、有効な方法として、キャッシングと言う方法があります。最近ではこの方法で即日融資が可能なところと言うのも、多くなってきているということができるため、急な出費などが発生したと言うときには、このような方法でお金を用意すると言うことを考えていくと言うのも良い方法でしょう。お金というのは、急に必要になったり、またそのようなことが重なると言うことが良くある物です。そのようなときには、便利な方法として、このような物を利用していくというのも賢い選択ということができます。これを利用するときには、少しでも有利な条件で融資をしてくれるところを探していくということも重要になりますので、インターネットなどを有効に利用して有利なところを探していきましょう。

 

キャッシングを利用すると言うときには、消費者金融の審査を受けると言うことが必要です。この審査というのは、最近ではインターネットを利用することで、非常に簡単に行うことができるようになっていると言うことができますので、インターネットを有効に利用していくべきです。そのような方法で審査の申込を行うことで、すぐにその審査結果を知ることができるため、非常に便利な方法です。また、そこから融資の依頼をすると言うこともできますので、非常に早く融資を受けるということも可能になってきます。即日融資と言うことも十分可能であるため、キャッシングを利用するという時には、インターネットを有効に、利用していくべきと言えます